はてな解説

HOME > はてな解説 > 肩こり > 肩こり

はてな解説

< 腰痛  |  一覧へ戻る  |  外反母趾・O脚 >

肩こり

肩や首のコリ、肩甲骨周りのコリでお悩みの方へ
 
ご安心ください、肩こりは姿勢さえコントロールできる様になれば解消します。
 
この様なお悩みはございませんか?

  • 慢性的に首や肩が重苦しい
  • 美容院でいつも「硬いですね」と言われてしまう
  • マッサージを受けても一時的な効果しか感じない
  • 天候が悪くなると、一層症状が辛くなる
  • ひどい時には頭が痛くなったり、吐き気まで生じたりすることがある
  • 猫背を治したいけど、気づくと元に戻っている
  • 目が疲れたり、目の奥に痛みを感じたりすることがある
肩こりでお悩みの方は非常に多く、最近はスマートフォンの普及で、子どもからお年寄りまで、加速度的にその人口は増えていると思われます。
スマートフォンゲームにハマった末、五十肩の症状を訴えていらした70代の女性もいらしたほどです。
 
「肩こり」ってそもそも何?

では、そんな誰もが悩む「肩こり」って、一体何なんでしょう?
中には内臓系の疾患、特に心臓系の疾患からの放散痛で肩(特に左)が痛むこともありますが、肩こりの多くは肩の筋肉に力を入れている状態、つまりは「力こぶ」の状態になっていることがほとんどです。
 
「力こぶ」って腕にできるアレでしょって驚く方も多いですが、「筋肉が固くなっています。」と美容院などで言われた経験がある方は多いのではないでしょうか?
筋肉は動作に反応して、引っ張ったり、縮んだり、緩んだりして、目的の行動を瞬時に遂行してくれる優れたパーツです。
例え寝転がっていたり、リクライニングチェアにもたれていたりしても、重力などの影響でどこかしらの筋肉を駆使して、体勢を維持しています。
 
そんな筋肉、ジッとしていても活躍しているのですから、姿勢によってより頑張んなくてはなりません。
特に頭部は非常に重く、ボーリングの11ポンド位の重さですが、直立で生活して一番上に細い首の先端にその重たい物体を維持しようとしたら、支える筋肉が大変なのは容易に想像がつくかと思います。
その大変な状況で筋肉が頭部を引っ張り続けている状態が「力こぶ」なのです。
 
どうして「力こぶ」状態になるのか?

肩に力が入ってしまう理由はいくつかあります。
先ほど姿勢が崩れるたことで肩に力が入るというお話をしましたが、それだけでは根本的な理由にはなりません。姿勢が崩れてしまうことにも理由があるからです。
体全体の補正機能について細かく追いかけてお話ししたいところですが、理由には大きく2種類あります。
まず一つ目は、内臓疲労による防御反射で、体が内臓を庇おうとして丸まってしまうこと。
二つ目は、生活習慣(状況)による長時間の姿勢固定です。
二つ目の理由はなんとなくアナタもイメージできると思いますが、一日中パソコンに向かっていたり、スマホ操作や読書などの行為をしていたり、わざわざ肩に力を入れなくてはいけない状況を作っているからです。
これらは誰でも想像がつくことですし、他の治療院でも言われる内容です。
しかし、重要なのは一つ目です。場合によっては二つ目の理由になることもあります。
ここで言う内臓疲労とは、疾患の有無ではなく、日頃の「食事」「運動」「睡眠」「ストレス」「気候」によって生じた疲労物質を、内臓で処理することで疲れることを指します。
わかりやすい例として、お腹が痛くなると背中が丸まったり、長距離を走ると上半身を傾けてしまったりなど、意図せず勝手に変な姿勢をしていることってありませんか?
それらは防御反射と呼ばれる反応で、各内臓の負担をなんとか減らそうとして起こる現象です。
防御反射で姿勢が崩れると、先ほど説明したように、体が倒れてしまわないように頑張らなくてはなりません。そうした補正、補正の繰り返しの結果、肩や首に力を常に入れなくてはいけない状況が「力こぶ」=「肩こり」というわけです。
つまり、「肩こり」自体もあなたの体が、何とか良い状態を保とうとした努力の現れと言えます。
 
「肩こり」を解消する近道

ここまでの説明でお解りいただけたかと思いますが、「肩こり」はあくまで“結果”でしかありませんから、肩の筋肉が固くなっているから揉みほぐせば良いという単純な話ではないわけです。
中には、揉みほぐしをしたことによって、その刺激で疲れてしまったり、刺激に対抗すべく一層皮膚や筋肉を固くしまうこともあるので、いわゆる揉み返しが出てしまったり、より強い刺激でないと満足できない体になってしまうこともあります。
では、どうしたら良いか。
それは、姿勢が崩れる原因を取り除くことです。
同じ作業をしているのに、症状が出やすい人と、出にくい人の違いは、個人個人の疲労原因が異なっていたり、筋肉の量や質が異なっていたりなど、一人一人の顔が違うように、原因も人それぞれなので、あなた自身の原因が何なのかを探ることができれば良いわけです。
ただし、症状が慢性化している場合は、原因が複合していることが多く、原因の原因を探る作業が必要になってきますし、良い状態に対応し維持していくためのクセづけが必要なこともご理解ください。
 
ここしあ整体院の「整体」

当院では、その場しのぎの施術や、慰安目的だけの施術はお薦めしません。
それは、あなたにできるだけ永続的に快適な状態で過ごしていただきたいからです。
ですから、現在のお悩みだけではなく、過去から現在の病気や怪我、嗜好や日常動作などなど、詳しくあなたを知るための聴き取りや様々な検査を行います。
「肩がこるんです。」「わかりました。肩こりですね。肩を施術しますから寝てください。」といった、よくありがちな流れ作業的なことは一切行いません。
詳しく情報を読み解くことで、一度の施術で効果を実感していただけることがほとんどですし、肩以外を短時間調整して変化したりすると「魔法みたい!」と驚かれる方もいらっしゃいます。しかし、残念ながら人の体は人形ではありませんから、その状態で保存することは不可能ですし、整体は万能な魔法ではありません。
私が24時間365日張り付いて観察、即調整というわけには行きませんから、検査や施術で判明したことをお伝えし、あなたご自身にそれを理解していただくことがスタートラインだと考えています。
そこから将来的にあなたご自身で快適な状態をコントロールし、維持するためのアドバイスやセルフケア、必要があれば癖を修正するためのメニューのご提案など、あなたと二人三脚で協力し合いながら問題の解決と、その先の晴れやかな人生につなげられたら幸いです。

まずは、ご自身の状況を把握し、改善への道を探るために、ここしあ整体院へご相談ください。

< 腰痛  |  一覧へ戻る  |  外反母趾・O脚 >

カテゴリ:

このページのトップへ